院長 五藤 達也
理学療法士、元海上自衛官(京都舞鶴3年間勤務)

 

趣味:ドライブ、映画鑑賞、洗車(塗装が剥げるくらいします!)
好きな食べ物:ラーメン、炊き込みご飯

出身地:阿戸町(育ちは熊野町)

出身校:熊野中学校(陸上競技(長距離)、県駅伝では区間賞にて優勝テープを切る。その後出場の全国大会では5位入賞。

広島国際学院高校、広島国際大学理学療法学科卒業

整形外科病院、クリニック(トレーナーとして陸上、テニス経験あり)にて8年間勤務

 

~ あなたの心身への負荷を根本から解決する ~

当院では、一人ひとりの状態をしっかりと把握するため完全予約制です。

一対一で丁寧にカウンセリングをすることで、患者様の深い部分での原因まで突き止めることができます。現代社会では心身ともに疲れることもしばしば。特に人間関係でのストレスも多くのしかかります。このような部分も「痛み」としてカラダに現れることから、深い部分の原因を見つけ出すために完全予約制となっています。

 

~ 隠れ家的治療院 ~

広島駅から車で30分程の町に決して目立っていないが、予約の取りにくい治療院がある。目立たないためか、院長と対面するまで「ほんとにここか?」「通り過ぎてしまった」という患者もいるほど。

目立たせていない理由は、これ以上、予約が取れない状況が続くと患者に迷惑が掛かるということで、ひっそりと治療をしています。

 

~ 院長の人生 ~

高校3年時に母親が急死し、大学進学予定だった私は将来のことを改めて考えるようになりました。

「このまま大学に進学して良いのか」「もっとやりたいことはないのか」「母は自分に何をして欲しかったのか」

などいろんなことを考えました。しかしまだ考えが浅かった私は、何も思い浮かばず、唯一思いついたことが、「自分で学費を稼いで学ぶこと」だった。

そんな思いで、私は地元の近くにある呉市の海上自衛隊に入隊することに決めました。自衛隊なら心身ともに鍛えられ、人として大きくなり、きっと人のためになれる!と確信し、入隊しました。

入隊後、想像以上に辛かったですが、人のために動くという信念は根付き、日々の生活の中で、さらに密接に人の力になりたい、また自分自身も体を痛めたこともあったことから、3年後、理学療法士の道へ歩むことになりました。

海上自衛隊除隊後、大学に進学し、免許を取得したのちに整形外科クリニックに7年間勤めました。

理学療法士として5年経った頃、大きな転機がありました。父親の急死です。その際に相談した友人に結果的に弱みを握られ苦しめられ、人生のどん底を味わい、人生を終えようとまで考えました。

そんな中でも毎月、少しでも親孝行をと思い、御墓参りだけは欠かさずに行っていました。そこで両親に報告したときに、思い返しました。ここで人生終わることはできない。本当の親孝行するまでは死ねない!という想いが心の奥から湧いてきた。

その後、すぐに上司に開業の意思を報告。その半年後、腰痛専門整体 博HAKUを2018年に開業しました。その後、たった半年で予約が取りにくい整体となれたことが今の私の誇りです。

 

 

私がなぜ、全ての症状をみる一般的な整体院ではなく、「根本的」みるようにしたのか。

 

それはこのような思いがあるからです。

 

私自身、過去に腰が痛くて、朝起き上がるのも辛い時期がありました。

当時、病院に行き診て頂きましたが、特に問題なく時間を割いて病院に行くが流れ作業で、尚且つ改善しない現状に私は落胆し、諦めたのを今でも覚えています。

 

そこで私は藁をもつかむ気持ちで、病院ではなく友人の勧めもあって整体に行くことにしました。

 

そこで、

 

足の施術をしてもらうと痛みが緩和していくのを感じました。

 

!?

 

これは!?

 

もしかすると、

 

痛みのある場所に原因はないのでは!

 

このような理由から以前の私のような経験をしてほしくない、早く痛みから開放されてほしいという思いから

根本治療の専門整体院

を開くことに決めたのです。

当院では、通院が目的ではなく通院が必要なくなることがゴールなので、

あなたの「痛み」は痛む場所に原因はないかもしれません。

 

「痛み」には必ず原因があります。

 

本当の原因を私と一緒に見つけて改善していきましょう。