好転反応

整体で良く聞く「好転反応」について

整体を受けると担当から「好転反応」という言葉を耳にするかもしれません。

整体に来ないと聞きなれない言葉であり、分からないと不安に思うこともあるため、好転反応について説明していきます。

この説明を読んで、好転反応が出たとしても安心して対応できるようになって頂けたらと思います。

 

施術を受けた翌日に、倦怠感やだるさ、眠気を感じたり、痛みが強くなるように感じることがあります。

これらの症状が好転反応と呼ばれるものです。

 

施術後は筋肉がほぐれる影響と、内臓の位置が整うことで、今まで滞っていた血流やリンパの流れが活発になり、一気に毒素や老廃物が身体中を駆け巡ることで、好転反応の症状が起きるようになります。

 

つまりこの反応は一見、悪くなったように感じますが、

身体が回復している証しです。

例えば腰痛の施術を受けた翌日に倦怠感が強くなる反応が出たとします。

しかし1〜2日ほど経てば改善すると言われています。

そんな好転反応には大きく4つの種類と症状があります。

 

①弛緩反応

<だるさ、眠気、倦怠感など>

整体を受けたことで緊張していた筋肉が緩み、

今まで溜まっていた毒素や老廃物などが、巡回することで症状が生じます。

 

 

②過敏反応

<便秘、下痢、痛み、腫れ、発汗など>

施術したことで施術部位に血液が流れ込んで、

体内の細胞を作り変えていく過程で生じます。

 

③排泄反応

<吹き出物、発疹、皮膚の変化、目やに、尿や便の色の変化など>

身体に溜まった毒素や老廃物を体外に排出しようとすることで生じます。

汗、尿、便、皮膚に反応が現れます。

アレルギー体質や薬を服用している方などは反応が出やすくなります。

 

④回復反応

<発熱、吐き気、腹痛、だるさ、痛みなど>

今までの血行が悪かった所が改善され、

汚れた血液が一時的に回り始める時に現れる症状です。

 

 

以上が好転反応の4つの種類になります。

上記のような症状が出た際には対策として、

水を十分に摂ること、横になって安静にすることが大事になりますので、

決して無理をしないようにお願い致します。

対策も取り入れながら、

好転反応とも上手く付き合っていくことが、症状改善には必要になります。

 

症状が出た際には一人で悩まずにご相談してください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です